「未分類」カテゴリーアーカイブ

サービスを向上させるために

もちろん、ただ単にEFOのサービスを導入するだけでは根本的な改善にはつながらないでしょう。まずは、今までのフォームのどこに問題があるのか、という点を把握し、それに最適な改善を行うことが求められます。そして実際に改善を行って、ユーザーの動向などがどうなっているか、データ化されたそれを分析し、今後の改善に活用させていくことが求められます。これは、最初に既述した『PDCA』にも繋がる事柄です。よりユーザー視点で物事を考え、改善に努めていくことによって、より良いサービスを提供すること、そしてその前に、ユーザーが入ってきやすいような、綺麗な『玄関口』を提供すること、それに繋がるのです。それは将来的な収益の向上化にもつながります。

現代において多くの企業が『EFO』の導入を始めています。そして実際に離脱率の向上やユーザー数の向上など、様々なメリットを実感しています。もちろん企業によってその改善率には幅がありますが、そういった細かいと思えるような点を改善していくことによって、ネットワーク社会となった現代においても勝ち残っていく、そして一つのサービス、それを提供する会社という単位をより良いものにしていく、評判を向上させていくことにも繋がるでしょう。

導入することでの効果

ユーザーは入力フォームに、当然のことながら、『分かりやすさ』とか、『入力のしやすさ』というのを求めています。もしそれが入力フォームに欠けているなら、ユーザーは利用登録を行う前に嫌になったり面倒になったりしてしまい、そのサイトから『離脱』してしまうかもしれません。この『離脱』する確率を改善するためにあるのが、まさしく『フォーム入力改善』である、『EFO』なのです。例えば、ユーザーがそのフォームや内容に適さない文字列を入力した場合、それをどのように修正すれば良いのか、という点がすぐに表示され、最適な記入例などが表示されるなら、ユーザーにとっても分かりやすい、と言えるでしょう。また、それが何度も繰り返されないように、より理解しやすいエラーメッセージであるべきです。今まではそれらが分かりにくく、ユーザーの離脱に繋がっていたものの、そのシステムを改善することによって、ユーザーがそこに掛ける時間もストレスも減少でき、離脱率を改善させることができるのです。

確かに、EFOというサービスを導入することには、企業にとってメリットがあると言えます。それは、潜在的で長期的なユーザーを獲得する上で、非常に欠かせないことだからです。

「玄関口」を綺麗に

特定のサービスをユーザーが利用するまでの『段階』にはいくつか考えられます。例えばとあるウェブ上のサービスを展開するとき、それがユーザーにとってより良いものであることが求められますが、『より良い』ものにする具体的な例として、いわゆる『玄関口』…ユーザー登録を行う段階でのユーザーの満足度を高める、ということが求められます。どういうことかというと、ユーザーが実際にそのサービスを利用して質を判断する前の段階として、ユーザーがそのサービスに『登録する』段階においての、『質』が求められる、ということです。具体的には、ユーザーが入力する『フォーム』があります。フォームというのは、ウェブページ上でユーザーが入力する記入欄のようなものであり、そこに個人情報である氏名や住所に年齢、性別、電話番号などを記入するほか、そのサービスで用いられるIDやパスワードなどを決定する段階です。いわば、これが『玄関口』です。

私達が自宅に友人を招くとき、玄関口は可能な限り綺麗にしておきたい、とおもうことでしょう。それはまさしく第一印象、その「家」に関する印象を大きく左右するものだからです。その上で、その玄関口であるフォームを「最適化」するEFOというシステムがあるのです。

ユーザー視点ではじめるEFO

企業が現代において展開する様々なサービス、それらを利用する消費者…それらは相互関係にあると言えます。商品やサービスを運営していくにあたっては、『PDCA』というサイクルが取り上げられることがあります。「PDCA」とは、一般的に用いられる管理手法のことであり、『P(計画:Plan)』⇒『D(実行:Do)』⇒『評価(Check)』⇒『改善(act)』の頭文字を取ったものが、「PDCA」です。これを遵守することにより、正しい管理、そして商品やサービスのより良い改善が行われていくことになります。これらによって、業務に対する効率の向上や、利益の向上などが見込まれるのです。基本的な原則であるそういった点を導入することで、多くの企業がいろんな意味で、さらに「上向き」になることが予測されますが、それには「ユーザー視点」というのも同時に必要になっていきます。

サービスや商品に対するユーザーというのは、それらの質を向上させるうえで欠かせない存在であり、失ってはいけないもの、とも言えます。より多くのユーザーを獲得することも大切ですが、より潜在的な、そして長期的なユーザーを獲得する、ということも大切なことです。それにより、長期的なビジョンで計画を立てることが可能になるからです。そこで、多くの企業がユーザー視点を考えた結果導入しているシステムの一つが、『EFO』というサービスです。『EFO』は『Entry Form(エントリーフォーム)Optimization(最適化する)』のかしら文字を取ったものですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。