サービスを向上させるために

もちろん、ただ単にEFOのサービスを導入するだけでは根本的な改善にはつながらないでしょう。まずは、今までのフォームのどこに問題があるのか、という点を把握し、それに最適な改善を行うことが求められます。そして実際に改善を行って、ユーザーの動向などがどうなっているか、データ化されたそれを分析し、今後の改善に活用させていくことが求められます。これは、最初に既述した『PDCA』にも繋がる事柄です。よりユーザー視点で物事を考え、改善に努めていくことによって、より良いサービスを提供すること、そしてその前に、ユーザーが入ってきやすいような、綺麗な『玄関口』を提供すること、それに繋がるのです。それは将来的な収益の向上化にもつながります。

現代において多くの企業が『EFO』の導入を始めています。そして実際に離脱率の向上やユーザー数の向上など、様々なメリットを実感しています。もちろん企業によってその改善率には幅がありますが、そういった細かいと思えるような点を改善していくことによって、ネットワーク社会となった現代においても勝ち残っていく、そして一つのサービス、それを提供する会社という単位をより良いものにしていく、評判を向上させていくことにも繋がるでしょう。