導入することでの効果

ユーザーは入力フォームに、当然のことながら、『分かりやすさ』とか、『入力のしやすさ』というのを求めています。もしそれが入力フォームに欠けているなら、ユーザーは利用登録を行う前に嫌になったり面倒になったりしてしまい、そのサイトから『離脱』してしまうかもしれません。この『離脱』する確率を改善するためにあるのが、まさしく『フォーム入力改善』である、『EFO』なのです。例えば、ユーザーがそのフォームや内容に適さない文字列を入力した場合、それをどのように修正すれば良いのか、という点がすぐに表示され、最適な記入例などが表示されるなら、ユーザーにとっても分かりやすい、と言えるでしょう。また、それが何度も繰り返されないように、より理解しやすいエラーメッセージであるべきです。今まではそれらが分かりにくく、ユーザーの離脱に繋がっていたものの、そのシステムを改善することによって、ユーザーがそこに掛ける時間もストレスも減少でき、離脱率を改善させることができるのです。

確かに、EFOというサービスを導入することには、企業にとってメリットがあると言えます。それは、潜在的で長期的なユーザーを獲得する上で、非常に欠かせないことだからです。