ユーザー視点ではじめるEFO

企業が現代において展開する様々なサービス、それらを利用する消費者…それらは相互関係にあると言えます。商品やサービスを運営していくにあたっては、『PDCA』というサイクルが取り上げられることがあります。「PDCA」とは、一般的に用いられる管理手法のことであり、『P(計画:Plan)』⇒『D(実行:Do)』⇒『評価(Check)』⇒『改善(act)』の頭文字を取ったものが、「PDCA」です。これを遵守することにより、正しい管理、そして商品やサービスのより良い改善が行われていくことになります。これらによって、業務に対する効率の向上や、利益の向上などが見込まれるのです。基本的な原則であるそういった点を導入することで、多くの企業がいろんな意味で、さらに「上向き」になることが予測されますが、それには「ユーザー視点」というのも同時に必要になっていきます。

サービスや商品に対するユーザーというのは、それらの質を向上させるうえで欠かせない存在であり、失ってはいけないもの、とも言えます。より多くのユーザーを獲得することも大切ですが、より潜在的な、そして長期的なユーザーを獲得する、ということも大切なことです。それにより、長期的なビジョンで計画を立てることが可能になるからです。そこで、多くの企業がユーザー視点を考えた結果導入しているシステムの一つが、『EFO』というサービスです。『EFO』は『Entry Form(エントリーフォーム)Optimization(最適化する)』のかしら文字を取ったものですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。